生徒さんが選んだオススメの絵本をご紹介します☆

最近レッスンでは
生徒さんのお気に入りの絵本をご紹介いただいています。
本日は2冊ご紹介します!
1冊目は「Where’s Spot?」 という絵本。
お母さんの犬が、子どもの子犬Spotを探すという、
とっても簡単な絵本。
家中の色々なものが出てきて、どこに隠れているのかを探します。
しかけ絵本になっていて、ここかな!?
と思って開けると、別の動物が隠れていて、
楽しくって、何よりお母さん犬も、Spot もかわい〜〜い!
ほんわかした絵本です♫

次は「wide-mouthed frog」という絵本。
これは生徒さんがオーストラリアにホームステイした時に購入されたそうです。
口の大きいカエルが、
「おれさまは、ハエも捕まえて食べるんだぞ、お前さんは何を食べるんだ?」
と色んな動物に会って行くお話。
これは、私も初めて読みましたが、本当にオススメ!
仕掛け絵本が、とても迫力があります。
私が読み聞かせても、大人のみなさんも「おお〜〜!!」
っと歓声を上げる程。
最後は、「おれはカエルを食べるんよ」といわれた後の
カエルの顔がかわいくて、
皆で大爆笑でした。

単語は少し難しいのもありますが、
繰り返しが多く、文字数もそこまで多くないので、
気軽にチャレンジできます。子どもも大好きになるはず。
ぜひお試しあれ〜!


■12月11日(月)家庭ですぐにできる手当勉強会
子どもが怪我をしたとき、病気で病院に行こうかと迷う時、知っいたらそれだけで変わります。ぜひ一度お越しになりませんか?詳細はコチラ
■12月16日(土)12:50-14:20私がみた世界〜フィンランドの教育を学ぶ+スピーキング
■12月18日(月)10:15-フィンランドの教育を学ぶ〜ワークショップ
 
※木曜クラスの受講生募集中詳細はコチラ
ご興味のある方がいらっしゃれば、最初からがオススメです!

教えてママのメールマガジン

メールマガジンにご登録で、子育て中のママにぴったりの1日5分「おうち英語」の始め方&ママトコ英語フレーズ集PDFをプレゼント!

【レポート】英語の絵本の読み聞かせ〜アイディアとチャレンジが開催されました

熊本学園大学付属海外事業研究所主催の英語の絵本イベントが開催されました。
定員をはるかに上回る約70名の方が集まり、大盛況でした。

前回は図書館の地下で開催されましたが、今回は新しい14号館で!

長崎から、活水女子大の政次カレン先生をお招きして。
カレン先生が沢山の絵本の紹介をして下さいました。

特に心に残った事は
・仕掛け絵本が子どもは大好き
・ハードブックは子どもが噛んでも大丈夫
・子どもの手の届く所に絵本を置く
・自分の好きな絵本を読んでいい、子どもに全て合わせなくてもいい
・絵本は子どものためのものだけではない
・全ページ読まなくてもいい
・発音が違っていてもいい、楽しく読めばいいだけ
・日本語や英語で問いかけながら、おもしろおかしく読む
・音で遊ぶ

トウメイ先生のお話も興味深い。

・声のトーンを利用して楽しく読む
・子どもが飽きてきたら止める
・質問などをしながら、絵本を読む以外のアプローチも大切にする
・何度も読む。
・文字と音をつなげる
・歩きながらも看板などにある英語に触れる

大学生で留学をして英語でコミュニケーションに問題がない生徒たちでも
ライティングになると書けないという。
だから子ども達は早めの文字へのアプローチが必要というお話。

沢山の無料で絵本が読めるWEBサイトを教えて下さいました。

 

講義の後、カレン先生と残って下さった生徒さんたちと食堂で食事。
そこで子どもの英語教育についてプロの先生に
ここぞとばかりに沢山質問しました!
【質問内容】
英語の早期教育について
母国語の重要性について
ライティングや文法の導入について
感情を入れる絵本の読み方について

【カレン先生の回答】
日本にいる限り母国語が脅かされることはないから、
英語を早い段階から取り入れる事に賛成
でも母国語が大事な事に変わりない
ライティングは子どもが興味を持った時に教える程度でよい
文法の導入は中・高・大人になってからであれば賛成
ただsmall stepが大切。少しずつ学ぶ。
英語をきちんとした日本語へ翻訳する事に囚われず、英語を英語として読む事も大切。
感情を入れて絵本を読むのは欧米では当たり前。
日本に来て感情を入れない読み方もある事を知った。
文化の違いだと思う。

とても温かいカレン先生。
とにかくリラックスして楽しく読んで。
今から英語の絵本を読むぞ!と肩に力を入れずに気楽に始めて欲しいと
メッセージをいただきました。
私ももっと絵本を教室でも読もう!と思いました。
英語の勉強だけではなく、
美しい絵や詩として味わうことができる絵本はやはり素晴らしい。
教えてママのコンテンツも色々とアイディアが膨らみました!

トウメイ先生、熊本学園大学付属海外事業研究所のみなさま、
このような機会を本当にありがとうございました。

 

教えてママのメールマガジン

メールマガジンにご登録で、子育て中のママにぴったりの1日5分「おうち英語」の始め方&ママトコ英語フレーズ集PDFをプレゼント!

【11/3レポート】English Marketイングリッシュマーケットは大盛況

まるで海外に来ている気持ちで英語でお買い物してみませんか?

ルールはただ一つ。

出店者もマーケットに来たお客さんも皆、英語を話す事。

 


入った瞬間から英語の世界!
Yes, Noだけできれば大丈夫「世界一カンタンなEnglish Market 」

 
英語が分からなくなったら
レスキューブースで常駐するバイリンガルボランティアさんに
何でも聞く事が出来るという!!

蓋を開けてみると、
出店者は約20店舗
来場者は子供を含めると200人を越えた大盛況!
英語を使わなければいけない。
使わないと、本当に商品が買えない。
使う事に意味のある空間がこの日本の、この熊本で開催できたことは本当にすごい!!

心温まるバンド演奏

 

子供達に大人気のあっきーのマジックショー

英語を使う事で、躍動感、高揚感、
さらに、皆が一同に英語を使うというルールを使って一体感まで生まれた。
英語をしゃべることで、お互いが日本語で話すより話しやすくなったり、
初対面でも皆が友達のような感覚。
家族のような感覚。
連帯感・一体感、全てが新しい。

なんだかリミットが外れたような、
人格が変わって英語をしゃべったような、
そんな風に話してくれた参加者の方もいらした。

ここまでの空間になるとは、予想以上。
本当に感動。

 

センス溢れる手づくり小物

 

こだわりのお野菜

美しいクリスタル

などなど他にもすっごく素敵なお店がたくさん!!

皆が集まったらこんなにすごいことができちゃうんだ!!

またやりた〜い!

 


 ※木曜クラスの受講生募集中詳細はコチラ
ご興味のある方がいらっしゃれば、最初からがオススメです!

■11月13日(月)家庭ですぐにできる手当勉強会
子どもが怪我をしたとき、病気で病院に行こうかと迷う時、知っていたらそれだけで変わります。ぜひ一度お越しになりませんか?詳細はコチラ

12月は11日(月曜日)開催
■11月14日(火)「海外事業・英語絵本読み聞かせテクニックをつかもう!」
英語児童書専門文庫(ストーリランド)を保持している長崎活水女子大学・児童英語教育法専門 政次カレン先生(代表研究は英語絵本読み聞かせテクニック)をお招きします。詳細はコチラ
■11月18日(土)14:00-16:00 わかちゃんの性教育講座第3回 詳細はコチラ
■11月25日(土)12:50-14:20とにかく話そう!90分間英語漬け! 詳細はコチラ
ハロウィーンレポート
 

教えてママのメールマガジン

メールマガジンにご登録で、子育て中のママにぴったりの1日5分「おうち英語」の始め方&ママトコ英語フレーズ集PDFをプレゼント!

【レポート】私が見た世界〜第5回アフガニスタンの女性から直接聞こう

本日はアフガニスタン出身のマジラさんをお迎えして
アフガニスタンの歴史と女性たちの抱える課題についてお話いただきました。
マジラさんはアフガニスタンで大学を卒業され、
熊本大学の大学院にて電子工学を学んでおられます。

 

今日の話はあまりにも衝撃的で、
最後に参加者一人一人にご感想をいただくと、
参加者の方から涙が溢れてくる場面も。
このレポートにも何とかいていいか分かりません。
うまくかける自信がないですが、とりあえず記憶が新しい内に書きます。

特に衝撃を受けたのは
タリバン時代の7年間も女性は教育を受けられなかった事
教育を奪われた少女達は、堂々と自分の意見を言えなかったり、
自信を喪失していたりする。
見せしめとしてルールをやぶったりした人を
皆の前で暴力を振るったり、処刑したりした事、
女性が手の甲から足の先まで、全身をベールで覆わなければならなかった事、
そのベールから見る景色はメッシュの穴から除いた限られた世界の事、

今も11人に1人の女性が性被害に遭っている事、
地方では女性が1人で出歩けないこと (男性が一緒にいないと外を歩けない)、
首都のカブールでも女性が1人で歩いて職場に向かっていたら、女性が仕事をしている事が悪としている人からの野次が飛び交う。野次を聞く事無しで職場にたどり着く事は無い。

 

Q:野次を毎日言われてくじけそうになりませんか?

マジラさん:
泣きながら家に帰った事もあります、でも
だからといって家にずっといると、私が負けた事になる。
いつかは誰かがその壁を越えなければならないのだから、
と思って勇気を持って立ち向かっています。

Q:なぜタリバンは女性から教育を奪ったのでしょう?

マジラさん:
そもそもイスラム過激派は「女性が家にいて家を守る」
というイスラムの習慣を守りたい事があげられます。
また、教育を受けると、より視野が広まり、より沢山の人と接触する事になって、
「善悪」の判断がつくので、そうなると、自分たちを支援してくれなくなると恐れているのです。

Q:ということは、彼らは「自分たちが悪い」
と認めていると言えるのではないですか?

マジラさん:
そもそもISも他の過激派も自分の意志で人を傷つけているのではなくて、
周りの国の利己的な意図によって動かされているだけなのです。
いわゆる洗脳されているのです。

・・・・・・

 

アフガニスタンの写真や内線の状況をテレビでは知っていたけれど、
というご感想もたくさんありました。
私たちはでは、アフガニスタンに行く事も、
女性達を救うことも簡単にはできません、
でもやはりこうして、彼女の話を直接聞くことが、
小さな一歩だと思いました。

世界中で皆が同じ様に学べる世界になればと思います。

その為にはやはり私たちは学び続けないといけないのです。
The pen is mightier than the sword.

よりたくさんの方にマジラさんのお話をきいてもらいたいと思います。
またマジラさんはいつでも話したいとい言って下さっています、
またお話が聞きたいという方がいらっしゃればまた企画しますのでお知らせ下さい。

アフガニスタンのドライフルーツや
リラックス効果のあるサフランを持って来て下さったマジラさん。
とっても気さくで、美しくって、賢くって、
才色兼備とはまさにこういう方のことだと思いました。

 


※木曜クラスの受講生募集中詳細はコチラ
ご興味のある方がいらっしゃれば、最初からがオススメです!

■11月3日(祝・金)10:00-15:00@commune6(東区戸島西4-5-29英語でお買い物〜English Market 初開催!

■11月13日(月)家庭ですぐにできる手当勉強会
子どもが怪我をしたとき、病気で病院に行こうかと迷う時、知っていたらそれだけで変わります。ぜひ一度お越しになりませんか?詳細はコチラ
12月は11日(月曜日)開催
■11月14日(火)「海外事業・英語絵本読み聞かせテクニックをつかもう!」
英語児童書専門文庫(ストーリランド)を保持している長崎活水女子大学・児童英語教育法専門 政次カレン先生(代表研究は英語絵本読み聞かせテクニック)をお招きします。詳細はコチラ
■11月18日(土)14:00-16:00 わかちゃんの性教育講座第3回 詳細はコチラ
■11月25日(土)12:50-14:20とにかく話そう!90分間英語漬け! 詳細はコチラ
<NEW!>
ハロウィーンレポート
 

 

教えてママのメールマガジン

メールマガジンにご登録で、子育て中のママにぴったりの1日5分「おうち英語」の始め方&ママトコ英語フレーズ集PDFをプレゼント!