英語を子どもじゃなくて『私が習っている』って言いづらい

金曜クラス金曜クラスの板書〜みなさん段々英訳に力がついてきました!

 

子どもじゃなくて私が習っているんです

熊本の託児が出来る英語教室「教えてママ」の緒方です。

今日は金曜クラスの生徒さんと話していて、

人に「英語を習っている」 というと 「お子さんに英語を習わせているのね〜」 と言われたりして  いつも、 「・・・いや、私が習ってるんです・・」 というのが言いづらくなるんです。

というお話をお伺いしました。

 

確かに、この教室を始めようとした時に、

「ママが対象なんて無理じゃない?一番お金を使わない対象だよ」、「子育てに精一杯だし、英語なんて」

などなどと言われていました。

 

教師を始めた後でも教室の話をするとママの中にも 「子どものためにお金をかけるならまだしも、私には。」 と言われたり、 体験レッスンを受けたが、参加できない理由の中に 「ご主人やご家族の理解が得れなかった」というのがありました。「子どもの習い事ならまだしも」 「そんな余裕はない」とか。

 

そんなことを思い出したので、 この話をしていた生徒さんにも

「ご主人はこの教室に通っている事をどう思われているんですか?」

と尋ねると

「主人は最初から両手を挙げて喜んだ訳ではありませんが、 私が英語に行く様になってすごく変わったって言うんです。 レッスンがあった日の私が全く違って機嫌がいいみたいで、 『今週は英語ないの? 英語だけは続けて行っておいで!』 って言うんです。 たぶん今まで子どもと二人っきりで家にいる生活だったのが、 外に出て色んな人と出会い、共に学んで、 それを家でも子どもと使ったりして・・・ 主人への態度も変わったのでしょうね

と言われました。

 

すごい事です!!! 感激です!! 言葉がでない!!

 

こんな事、今まで思いもしなかったんですが、 最近はご主人が「私が学ぶこと」に後押ししてくれる、応援してくれる、 というご感想をよく聞くのです。

もっと、私もご主人をはじめ、家族みんながこのクラスで学んでいるママたちを 応援できるように、 分かりやすいHPやブログを作りたいな〜と思いました。

だって、みんなにとってプラスだもの!!!
みんなハッピーだもの!
体の内から溢れ出る、知りたい!
という幼少期から持っているこの 知的欲求は誰にもあるもの!

やっぱり学ぶことの果てしない力とその影響力は侮れないと思うのです! 

 

教えてママのメールマガジン

メールマガジンにご登録で、子育て中のママにぴったりの1日5分「おうち英語」の始め方&ママトコ英語フレーズ集PDFをプレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*