教えてママについて

 

レッスンの流れ

 

◎【ママ向け】〜文法中心

一言英作文→英語体操(話す練習) →前回のEZキャッチの発表 → 本日の英文法 → 英作文 → EZキャッチ作成(ママとコの簡単なやり取り) → 解説&発音練習 → 発表

 

◎【一般向け】〜生の教材(絵本・歌・スピーチ)中心

一言英作文→英語体操(話す練習)→即興(スピーキング練習)→前回のテキスト発表 → 本日の内容のリスニング → 訳の確認 → 解説&発音練習→シャドーウィング

 


 

一言英作文(ひとまず話してみる)

教室に入ったら挨拶の英語から始まり、一言英語で付け加えます。(風邪を引いた、子どもが遠足だ、先週したこと、週末の予定、など)「一言英語で話そう」と決めるとどんな言い回しがいいか自分で調べて、実際に通じるかを試す事が出来ます。講師がよりよい表現や単語を提案する事もあり、クラス全体で学び合え、普段の一言を英語で言う力がつきます。

      ⇓

 英語体操(話す練習)

英語を実際に話す時は何を話そうかと内容を考えたりするもの。
英文法や発音を気にしていたら会話のキャッチボールができません。
ここでは英文法や発音を意識しなくても口から自然と出てくる様になるまでの英語体操(英語を話す練習)を行います。

     ⇓

前回のEZキャッチの発表

毎回一組だけ、前回の学びの定着を確認する為にEZキャッチを皆の前で発表できます。実際前に出ると練習していたのに、頭が真っ白、ということも多々有りますが、そんな状況でも出るものが「実際に使える英語力」です。そしてその緊張が実際に英語を使う時の緊張と同じなのです。発表するぞ!と決める事で、学びが定着します。

     ⇓

本日の英文法

Be動詞などの簡単な英文法から、少し複雑な英文法まで、少しずつ段階を踏みながら、1年間のプログラムで話す為に必要な英文法を網羅します。2・3ヶ月に一度は絵本などの教材で英語力を試します。

  ⇓

英作文

解説した英文法が理解できているかを確認しながら、日本語⇒英語に変えていきます。

  ⇓

チームでEZキャッチ作成

今回学んだ英文法を使って、EZキャッチ(ママとコの簡単な3手のやり取り)を英訳します。3人1組のチームで英作文をするので、自分だけでは難しい所もチームで話し合うと見事な英文が引き出されます。悩んで解いた分、心に残る文となります。

  ⇓

解説&発音練習

EZキャッチの解説をした後、それを覚えるために、正しい発音や抑揚を学びます。最後は一人一人の発音をチェックして、皆で発表して終了です。次の週には前回学んだEZキャッチを発表する事から始まります。

 

 

テキスト以外の教材

  • 毎週レッスンのポイントや今後の予定などをメールにて送信しています。レッスンでとった写真や、テキストの音声を添付することもあります。お休みされた場合も通信で詳細を確認できます。
  • 発音チェック: ABC、フォニックス、数字、色などの基本的な発音をチェックするチェックシートでテストを受けることができます。
  • ママとコ365フレーズ(ママとコで365日使えるフレーズ)シチュエーション別に分けられたフレーズをレッスンの最初に発声練習も兼ねて日本語だけをみて、英語を猛スピードで読んで行きます。家でお子さんと使える表現なので、毎日の生活に英語を自然に取り入れる事ができるようになります。