第2回私がみた世界〜シンガポールの旅と子どもへの英語教育について


私が見た世界第2回が開催されました!

シンガポールの歴史、文化、水事情についても聞いた事の無い事ばかりでした。

行きたくなったな〜

子どもへの英語教育についても、熱い議論が交わされました。

・子どもに何歳の時にどんな英語教育・英語教材がいいのか?

・臨界期(9~11歳)を過ぎた子どもは英語を学ぶにはもう遅いのか!?

・そもそも英語を幼少時から学ぶ必要があるのか?

・幼少時から英語を学ぶことへの利点と不安

・小学校で始まる英語の教科化について

などなど。

参加者は

・自分自身が幼少時からの英語教育を受けたが、実際は身についていないという方

・0歳から2~3時間毎日英語を家で教えて子どもさん(9歳6歳)をセミリンガルにした方

・イギリスに1年滞在して、帰国してまだ時差ぼけがある中お子さんとご夫婦で参加された方々

など、多岐にわたりました!

いつも感じている疑問や、実際の体験談、現実的な事など、これからの英語教育をそれぞれが自分のケースに当てはめて、議論を交わすことが出来とても有意義な時間でした。

結局はワクワクするビジョンを持って、楽しく学ぶ事。そして続ける事。

だったのかな〜と思いました。

英語が好きな子もいれば、そうでない子もいますからね!ママが楽しめば世界が変わる〜!

 

 

 

実際に使っている教材を使ってみたり、使えるアプリの紹介、絵本の紹介などもありました!五感を刺激しての英語教育も興味深かった!

シンガポールのジャム美味しかった〜!

次回は、

イギリス1年の滞在から帰ったばかりのご夫婦が感じた「私たちがイギリスに住みたくなった理由」

についてです。 

イギリスで体験した子どもが英語を覚えたリズム体操や歌などの実際のワークショップも開催されますよ!

日程は後日掲載します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*