【11/18】わかちゃんの性教育講座3〜12歳までのお子様をお持ち方対象

次回は11/18日(土)13:30からの開催です。お申し込みはコチラから

第2回目性教育を振返ってレポートしています。
今回の年齢が0-6歳と低かったため、自分自身の性について考える機会となりました。わかちゃんの手書きの資料。年齢別に注意点がまとめてあります。
改めて今また読み起こしています。

0−1歳の子ども達
既に性欲があり、母親とのアイコンタクトやスキンシップの快楽を知っています。
スキンシップなしでは、誰も1歳の誕生日を迎えられなかったフリードリー2世の実験の話も。

1-3歳・・・

3-6歳・・・

6-11歳・・・

11-19歳・・・

それぞれ、この講座を受けなかったら、ただ自分の性に関する価値観で子どもと向き合っていたかもしれないことが多いなーと感じました。例えば生理が汚いとか、きつくても言わないとか、なんとなく、誰に教えられなくてもそうしていた。
でも生理でイライラしたり、お腹が痛かったり、本当は足や腰をさすってもらいたいとか、ご主人にはもちろん、子どもが分かる様になったら伝えてもいいのかも。

最後のわかちゃんからのメッセージは完結に6つにわけられていました。
その内の二つ、

・親の性意識が子どもに伝わる。お母さん自身がしっかり自分の体と心を知りましょう。

自分の体と心を知る。
性に関して、自分を大切にしていない行動はなかっただろうか。
思いやりという名の自己犠牲はなかっただろうか。
色々な女性としての選択肢があることを認識しているだろうか。
自分の気持ちをしっかりもって、男女の関係がそれぞれ独立して、それぞれが尊重されていないといけないんだなー。
やっぱり自分がどうありたいのかをしっかり持っていないといけないな。
これってフロムの話に似ているなー
こんな話をした訳ではなかったんだけれど、講座後のわかちゃんとのふりかえりが終わって、考えたりしていた。

そしてもう一つのメッセージは

・明るくさらっと!「分からなかったら一緒に調べよう」

これこれ。

明るくさらっと、って大切よね!

今月のお題にさせていただきます。

 

ではまた!

 

次回は11/18日(土)13:30からの開催です。お申し込みはコチラから

 


教えてママでは10月スタート受講生を募集中!詳しくはコチラ

■10月23日(月)家庭ですぐにできる手当勉強会
子どもが怪我をしたとき、病気で病院に行こうかと迷う時、知っていたらそれだけで変わります。ぜひ一度お越しになりませんか?(11月は12日(日曜日)開催)
詳細はコチラ
 
■10月28日(土)今年は何になる!?毎年大盛況のハロウィーンパーティー!お申し込み締め切り10/21(土)
詳細はコチラ
 
■10月31日(火)12:30-14:00
私が見た世界第5回〜アフガニスタンの女性に直接きこう!
彼女が5歳のときにタリバン政権から教育を奪われました。
詳細はコチラ
 
■11月14日(火)「英語絵本読み聞かせアイディアとチャレンジ!」

英語児童書専門文庫(ストーリランド)を保持している長崎活水女子大学・児童英語教育法専門 政次カレン先生(代表研究は英語絵本読み聞かせテクニック)をお招きします。
詳細はコチラ
 

 

教えてママでは、ママ以外の方にも役立つフレーズをTwitterでツイートします。
>>教えてママTwitter

 教えてママのFaceBookも随時更新してます、ぜひご登録ください。
>>教えてママのFB

教えてママのメールマガジン

メールマガジンにご登録で、子育て中のママにぴったりの1日5分「おうち英語」の始め方&ママトコ英語フレーズ集PDFをプレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*