ママが学ぶと世界が変わる!

教えてママとは

「教えてママ」は、おうちで子どもと英語を楽しむママ向け英会話教室です。ママや周りの大人が英語を楽しく学ぶ、その背中を見せることで、周りの子ども達も自然と英語を好きになります。ママに限らず、一般の方向け教室もございます。

大人になると周りの事が優先で、つい自分は後回し。小さい頃新しい発見が楽しかったように、大人になってもやっぱり「学ぶ」っておもしろい。「自分が成長する」って嬉しい。

ちょっとだけ自分の時間を持ってみませんか?

レッスンについて

受講生の声

講師プロフィール

教えてママの4つの柱

文法

大人になってから学ぶのであれば、「ルール」を学ぶ方が早い!ルールが分かると自分の伝えたい事を伝え応用力が身につくだけではなく、相手が言っていることも、「効率よく」聞き取る事ができ、英語力を総合的に底上げします。 教室ではBe動詞(am are is)から段階を踏んで、英文法を丁寧に学んで行きます。 学んだ英文法は文法を意識せずに使える様になるまでどんどん声に出して練習します。 普段から子どもと使える簡単なやりとり(EZ キャッチ)も英語で言える様に練習して行きます。

発音

正しい発音をしっかり学ぶと、 『自信がつく⇒もっとしゃべりたくなる⇒伸びる』の好循環を生み出します。 最初のクラスではアルファベット、数字など、 子どもに最初に覚えてもらいたい単語などの発音チェックもあり、子どもにも自信を持って英語を教える事が出来ます。 また、生の教材(スピーチ、映画、ニュース)などを使い抑揚や語と語のつながりを学び、 ネイティブスピードに話せるようになることで、リスニング力も身につける事も出来ます。

EZキャッチ

EZキャッチは、その回に学んだ英文法を生かした「ママと子どもの簡単なやり取り」のこと。 このやり取りを文法的にも理解し、発音・抑揚も正しく言えるようになり、 家で子どもと毎日使って実際に生きた英語を身につけるシステム。 EZキャッチは一方的なコミニュケーションではなく、 「大人⇒子ども⇒大人」の簡単な3手のやり取りができるようになることにより、 4手5手もできるようになるという理論の元、行っています。 例: ①ママ: “Have a great day!” (いい一日をね!(いってらっしゃい) ②こども: “You too, Mommy!” (ママもね!) ③ママ: “Thank you.” (ありがとう)

子どもと楽しむ教材

教材は家に帰ってからお子さんと楽しめるものがほとんど。 絵本・手遊び歌・映画・スピーチ・ニュース・落語などを使用し、英文法を学びながら、定着を確認していきます。 絵本は少し長いものに挑戦したり、 映画は子どもが出てくる映画や、ディスニー映画など子どもも親しみの持てるものに挑戦します。 歌や映画は実際に身振り手振りをつけることにより、より学びが体に定着します。 スピーチや落語も読めば読む程感動が深まる教材ばかりです。

ママが学ぶ5つの理由

① 子どもはママの真似をしたい!

教えてママで学ぶ理由

子どもにとって、一番の話し相手はママ。

毎日顔を合わせるのはもちろんですが、何よりも子どもが「話をしたい!」と思う相手がママなのです。ママが英語で語りかけることができると、子どもは自然に英語に興味を持ち、真似するようになります。幼少期から正しい発音や「学ぶ楽しさ」を伝えるのにもピッタリ!

ママも学んだ事を再度誰かに伝える事で、学びが確実に定着します。

② 子どもに英語を話すことで、習慣にできる!

教えてママで学ぶ理由

英語を話せる様になる一番の近道は、英語を話すのを「習慣」にすること。

英語学習がうまくいかない最大の理由は、実は英語を話す事を習慣に出来ない事です。といって、相手がいないと続かないもの・・・でもママには『子ども』がいます。

普段のこどもとのやりとりをたった5分英語に帰るだけで、英語が自然に口から出てくる様になるのです。子ども相手だったら恥ずかしくなく、何度も反復できます。ママが練習する事で、子どもも、自然と英語が身につき、英語に興味を持つ様になります。

子育ての時間を最大限に生かしませんか?

③ ママの話し掛けは子どもにとって学習の効果が高い!

教えてママのママが学ぶ理由

赤ちゃんにずっと母語のCDを聞かせていても、また一日中テレビの前に座らせておいても、ことばの獲得は生じません。お母さんなど養育者との相互の作用が絶対不可欠です。〜最新の科学的理論に基づいて解説〜英語上達12のポイント門田修平著より引用 とあるように、言語習得の為には、子どもへの「実際の話し掛け」が必須である事が分かります。

教えてママでは、毎日の生活の中で使う簡単な子どもへの話し掛けや手遊び歌、選りすぐりの絵本で子どもとの英語での対話を実現させます。

④ 「教えること」が一番の学びの定着の早道!

教えてママで学ぶ理由

学習には短期記憶と長期記憶があります。まず最初にinput(知識を得る)したものは、短期記憶として残ります。 これを如何に長期記憶にするかがポイントです。 長期記憶にするためのポイントは3つあり

1:声に出して覚える
  教えてママの性質上、子どもに話しかけたり絵本を読んだり越えに出す事が基本です。

2:体を動かして覚える
体や感情を使って覚えると短期記憶→長期記憶に変わります。
教室でも、ママ達が子ども役をしたり、絵本を劇の様にして子ども達に披露したりします。 そこで体を使い、感情を入れて練習して行きます。

3:「学んだ事を再度誰かに伝えこと=教えること」が一番学習効果が高い!
新しいことを学んだ後に、それを如何に反復して、学習を「自分のものにする」かが最大のポイントです。

教えてママは、ママが「子どもに学びを伝える事」で、このサイクルを毎回行うことになり、また、毎日使うフレーズで毎日実現可能にしました。
しかも、学びの最大の定着方法は、「学んだことを誰かに伝えること」というのは科学的に証明されていることです。

⑤ 「学ぶ事が楽しい」と思える子どもを育てる

教えてママで学ぶ理由

「学ぶこと」は本来私たちが本能的にもっている欲求の一つであるのに、なぜか年を重ねるにつれ、「勉強嫌い」になってしまいます。

一番身近な大人自身が学びに対して意欲的であり、尚且ついつもその姿を見せることで、子どもの学ぶことへの姿勢が変わります。

レッスンの流れ

【ママ向け】文法中心

一言英作文

英語体操

EZキャッチ

EZキャッチ復習

前回のEZキャッチを発表

本日の英文法

Be動詞などの簡単な英文法から、少し複雑な英文法まで、少しずつ段階を踏みながら、1年間のプログラムで話す為に必要な英文法を網羅します。2・3ヶ月に一度は絵本などの教材で英語力を試します。

英作文

解説した英文法が理解できているかを確認しながら、日本語⇒英語に変えていきます。

EZキャッチ作成

今回学んだ英文法を使って、EZキャッチ(ママとコの簡単な3手のやり取り)を英訳します。3人1組のチームで英作文をするので、自分だけでは難しい所もチームで話し合うと見事な英文が引き出されます。悩んで解いた分、心に残る文となります。

解説&発音練習

EZキャッチの解説をした後、それを覚えるために、正しい発音や抑揚を学びます。最後は一人一人の発音をチェックして、皆で発表して終了です。次の週には前回学んだEZキャッチを発表する事から始まります。

【一般向け】

〜生の教材(絵本・歌・スピーチ)中心〜

一言英作文

教室に入ったら挨拶の英語から始まり、一言英語で付け加えます。(風邪を引いた、子どもが遠足だ、先週したこと、週末の予定、など)「一言英語で話そう」と決めるとどんな言い回しがいいか自分で調べて、実際に通じるかを試す事が出来ます。講師がよりよい表現や単語を提案する事もあり、クラス全体で学び合え、普段の一言を英語で言う力がつきます。

英語体操(話す練習)

英語を実際に話す時は何を話そうかと内容を考えたりするもの。英文法や発音を気にしていたら会話のキャッチボールができません。ここでは英文法や発音を意識しなくても口から自然と出てくる様になるまでの英語体操(英語を話す練習)を行います。

即興(スピーキング練習)

前回のテキスト発表

毎回一組だけ、前回の学びの定着を確認する為にEZキャッチを皆の前で発表できます。実際前に出ると練習していたのに、頭が真っ白、ということも多々有りますが、そんな状況でも出るものが「実際に使える英語力」です。そしてその緊張が実際に英語を使う時の緊張と同じなのです。発表するぞ!と決める事で、学びが定着します。

リスニング

訳の確認

解説&発音練習

シャドーウィング

テキスト以外の教材

教えてママで使う教材
  • 毎週レッスンのポイントや今後の予定などをメールにて送信しています。レッスンでとった写真や、テキストの音声を添付することもあります。お休みされた場合も通信で詳細を確認できます。
  • 発音チェック: ABC、フォニックス、数字、色などの基本的な発音をチェックするチェックシートでテストを受けることができます。
  • ママとコ365フレーズ(ママとコで365日使えるフレーズ)シチュエーション別に分けられたフレーズをレッスンの最初に発声練習も兼ねて日本語だけをみて、英語を猛スピードで読んで行きます。家でお子さんと使える表現なので、毎日の生活に英語を自然に取り入れる事ができるようになります。
教えてママのクラスの様子