熊本市でインプロ(即興)のワークショップが開催されました

熊本市で主にママ向け英語教室をしている緒方広子です。

日頃、英語を教える中で、
『どうやったら英会話がペラペラ口から出るようになるか?』

と考えています。自分の中に話したいことはある。

だけど英語が出てこない!
こうやって言えばいいんだって聞いたら、
『あ〜そんなに簡単だったのかー』と思う。

そんな話もよく聞きますが、
私は「即興」の要素が入れば、英語がもっと口から出てくるようになると思います。

今回は英会話は関係なく、私の所属するクリエイティブボックスという団体を通して、

メインファシリテータとして、インプロワークショップを開催しました。


今回もとても楽しかったです。

今回はアクテビティを数多く学ぶより、
インプロを通して、
自分の心と
頭と
体で感じていることを丁寧に拾って言語化しました。

インプロを学んでいくと、
①Yes, andの精神 相手のアイディアに自分のアイディアを足していく

②間違っても大丈夫 

③人と違うって面白い 人と全く発想も同じだったら?同じものが好きで、同じ意見だったらどんな世界だろう?

この3つの考えがだんだんと共有できると、

この即興の仲間はどんな無茶ぶりでも必ず受け止めてくれて、次につなげる。
言葉につまっても、失敗しても、だからこそ面白いってことを体感できます!

またクリエイティブボックスではイベントを企画中ですよ!ぜひチェックしてくださいね

今日行ったワークの詳細はこちら!
ぜひ、職場に、家庭に、あらゆるコミュニティーに活用してくださいね!

インプロが広がればもっともっと楽しい社会になると思います。

好きなものを5個聞き出そう!
自己紹介して、じゃんけんで勝った方が質問をする。5つ出たら、イエィありがとう!で次の人にいく、交代で聞いてもOK (ミングリング スタイル)
拍手回し→拍手とばし→名前飛ばし。
シューっぽんと失敗の花を咲かせる。
次に二つのグループにわかれ、間違えたら、花を咲かせた後、皆に拍手によって送り出されて別グループへ行く
ミャンマーゲーム 
私は木ですゲーム (複数人でグループとなる) 
私は木です。 僕は洗濯物です。など、アイディアをつなげていく。最後は、
最初のパフォーマーが残るパフォーマを選び「0さんを残します」と言い、また別の物語が始まる
振り返り
大正解ゲーム
A: 1たす1は?
B:3です
C: 大正解です。なぜなら〜
Bなるほど〜 !観客がそれを見てもいい。円になり、席を変わっていくシステム

A: あけれる?

B: あけられない。

A:あけなきゃ。

B:わかった。
二人組で考えを擦り合わせる。最後に発表する

教えてママのメールマガジン

メールマガジンにご登録で、子育て中のママにぴったりの1日5分「おうち英語」の始め方&ママトコ英語フレーズ集PDFをプレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA