【先行予約開始】子どもが最高のパートナー・子育て中のイマだからできる ママとコHappy英会話フレーズ集

【先行予約開始】ママとコHappy英会話フレーズ集

ネットにて予約先着50名様

教えてママキャラクター・ボノボンの缶バッチを1つプレゼント!

つけてみたら意外にかわいい!?
世界一平和なボノボンがあなたを癒します^^

 

フレーズブックの購入は→コチラから

価格:1500円(税込)
発送:商品発送は2/25以降
決済方法:クレジットカードのみ
送料について:
1冊 180円(スマートレター)
2~8冊 350円(レターパックライト)
9~10冊 510円(レターパックプラス)
10冊以上ご注文のお客様はCONTACTよりお問い合わせください。


■2月17日(土)12:50-14:20とにかく話そう!90分間英語漬け! 詳細はコチラ
■2月19日(月)家庭ですぐにできる手当勉強会
子どもが怪我をしたとき、病気で病院に行こうかと迷う時、知っていたらそれだけで変わります。ぜひ一度お越しになりませんか?詳細はコチラ
■2月24日(土)15:00-16:00英語の絵本を読んでみよう詳細はコチラ
■2/25日 フレーズ集出版記念イベント 14:00- 詳細はコチラ
■夜の部2/25日 フレーズ集出版記念イベント 17:00-詳細はコチラ

教えてママのメールマガジン

メールマガジンにご登録で、子育て中のママにぴったりの1日5分「おうち英語」の始め方&ママトコ英語フレーズ集PDFをプレゼント!

【絵本の紹介】子どもが大好き仕掛け絵本

今回教室で紹介した絵本は、

男女問わずいつも人気のメイシーちゃんシリーズ。

Maisy Goes Swimming

仕掛け絵本が多いメイシーシリーズですが、

これはすごい。

冬で着込んでいるメイシーちゃんを、

どんどん脱がせる!!

マフラー、コート、ブーツ、カーディガン、ズボン・・

なんと最後はすっぽんぽんになるまで!

はだかになったメイシーちゃんに子どもが喜ぶ!

そしていよいよ水着になります。

最後のページにクローゼットがあって、

そこに今まで脱いだ洋服が全部あるので、

復習できて、かゆいところに手が届いている内容です☆

たまたまお母さんと一緒にきていた6歳の
お子さんと一緒に読むと、1回しか読んでいないのに

最後の復習でも色や洋服の名前を覚えているのでこれまた驚きです☆

ぜひ試してみてくださいね^^

 

 



■2月17日(土)12:50-14:20とにかく話そう!90分間英語漬け! 詳細はコチラ
■2月19日(月)家庭ですぐにできる手当勉強会
子どもが怪我をしたとき、病気で病院に行こうかと迷う時、知っていたらそれだけで変わります。ぜひ一度お越しになりませんか?詳細はコチラ
■2月24日(土)15:00-16:00英語の絵本を読んでみよう詳細はコチラ
■2/25日 フレーズ集出版記念イベント 14:00- 詳細はコチラ
■夜の部2/25日 フレーズ集出版記念イベント 17:00-詳細はコチラ

教えてママのメールマガジン

メールマガジンにご登録で、子育て中のママにぴったりの1日5分「おうち英語」の始め方&ママトコ英語フレーズ集PDFをプレゼント!

Happy Valentin’s day!女性も男性も愛を伝えよう!

海外ではバレンタインデーには男女共に贈り物をする文化もあるようです。

ホワイトデーは日本だけかな?

台湾や韓国もかな。

いずれにしても愛を伝える日があるのはいいな、と思います!

本が出来上がったので前打ち上げ開催しました〜!

わたしが本当に嬉しかったのは、

フィンランドに行ったことでも、本が完成したことでもなくて、

一緒に苦しみを乗り越えて、

喜びを共有してくれる仲間がいたことです。

私はこの存在がなければ、

全くもって、
こんなに色んなことにチャレンジしようとは思わなかったと思います。

年末年始や土日祝日関係なくメールを送りつけ、
(本当に迷惑だったとおもいますが、理解のあるご家族にも感謝)

会えば何時間でもひきとめ、

ときには電話をして、毎回応えてくれたこの仲間がいてくれたことが、

本当に幸運でした。

教えてママを始めたとき、こんなに嬉しいことがあるのか!

と思いましたが、

もっと嬉しいことがあるもんだ!

2月はバレンタインの月!

みなさまにとって愛の溢れる2月となりますように。

バレンタインに聞いて欲しいとっておきのラブソングを。

“I got you”  by Jack Johnson

“All You Need is Love” by The Beatles


■2月17日(土)12:50-14:20とにかく話そう!90分間英語漬け! 詳細はコチラ
■2月19日(月)家庭ですぐにできる手当勉強会
子どもが怪我をしたとき、病気で病院に行こうかと迷う時、知っていたらそれだけで変わります。ぜひ一度お越しになりませんか?詳細はコチラ
■2月24日(土)15:00-16:00英語の絵本を読んでみよう詳細はコチラ
■2/25日 フレーズ集出版記念イベント 14:00- 詳細はコチラ
■夜の部2/25日 フレーズ集出版記念イベント 17:00-詳細はコチラ

教えてママのメールマガジン

メールマガジンにご登録で、子育て中のママにぴったりの1日5分「おうち英語」の始め方&ママトコ英語フレーズ集PDFをプレゼント!

フレーズブック入稿完了!みなさま、お世話になりました!

 やっと入稿できましたー!
本当に感謝しかないですーーーーー!!

■2/25日 フレーズ集出版記念イベント 14:00- 詳細はコチラ 【残席30】

定員は100名です、無料の体験型イベントなので、
ぜひお友達をお誘い合わせの上、おこしください^^

夜の部も行います☆
■夜の部2/25日 フレーズ集出版記念イベント 17:00-詳細はコチラ 【残席20】

色んな方がこられるから交流の場になればと思います。
どなたでも参加できますが、40名が定員なので、
ぜひお早めにお申し込みくださいね^^

ーーーーーーーーーーーー
いよいよこれ以上変更がない、間違いがない!と
思った後にプロの方にお願いすると・・

なんと、プロの校正はほぼ全ページに赤。
それが2回入った後、

3回目の校正にて、
「、」「。」「スペース」など、
全てを声に出しての読み合せで、

思いがけずほぼ、全ページに赤が入り。

急遽、プロの方が校正4回目を実施してくださいました。

最後の最後でたくさんの方の手が再度入り、

やっと入稿完了となりました。

今まで、レッスンはどんなに準備をしても、
そのときの生徒さんたちと共に作り上げる
ライブ、即興。。

でも、本は何十回も練り直して、

妥協なしで、準備に準備を重ね、

満を持して完成です!

みなさま、本当にありがとうございました!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■2月17日(土)12:50-14:20とにかく話そう!90分間英語漬け! 詳細はコチラ
■2月19日(月)家庭ですぐにできる手当勉強会
子どもが怪我をしたとき、病気で病院に行こうかと迷う時、知っていたらそれだけで変わります。ぜひ一度お越しになりませんか?詳細はコチラ
■2月24日(土)15:00-16:00英語の絵本を読んでみよう詳細はコチラ

 

 

教えてママのメールマガジン

メールマガジンにご登録で、子育て中のママにぴったりの1日5分「おうち英語」の始め方&ママトコ英語フレーズ集PDFをプレゼント!

【JALTレポート3】「言語アドバイザー」の存在に興奮!これから必要になる

さて、最後に受けた講義が最高に面白かった。
私が最近考えていたことに見事はまった。

テーマは
「言語アドバイザー」について
いわゆる今話題の、英語コーチング的な感覚かな?思いました。

(レポート2の心理テストをやってみた人へ、メッセージください・答えを教えます)

【以下講義内容】

学習者の中には
・勉強の仕方が分からない
・どうしても集中できない
・どの教材を使えばいいか分からない
・一日の時間の使い方が分からない
・この勉強法が効果があるかわからない
などの不安がある。

そんな学生を対象に週に一度個別に15分間のセッションを行う。
プレゼン下さった千葉県の神田大学では
言語アドバイザーは大学に11人いるらしい。
いいな〜〜!

この講義ではアドバイザーを育てる為に
アドバイザー研修について発表があった。
よきアドバイザーとして12のヒントがあったが、
ここではそのうちの5つを紹介してくださったのでここで紹介します。

残りも知りたいなあ。

1. repeating:相談者のキーワードを繰り返す 
ただ繰り返すのではなく、共感しながら繰り返す

2. restating:相談者の言葉を言い換える
相互理解を確認するために言い換える

3. summarizing:相談者の話を要約する
話し手が長くずっと話し続けてしまったりしたら、
要約して相互理解を深める

4. empathizing:相談者の言葉を強調する

5. complementing:相談者をほめる
もちろんほめる理由を添えて。

実際に2人組になって、生徒役とアドバイザー役になって、
この24時間について振返って話した。

<気付いたこと>
・1日を振返って、特に不満のある一日ではなかったが、繰り返されたり、聞き返されたりすると、自分が無視していた感情が現れて、すこし不満がでてきたので驚いた
・ほめられると嬉しい
・聞く側は話し手の真意を引き出すのは難しい。

アドバイザーになるためにはよき質問者になって、

「自分が解決策を教える」のではなくて、

相手が「自ら解決策を生み出すこと」

を最終目的とする。

最近思っていた事に見事はまったんです。

今はテクノロジーの進歩で、教材はあらゆるところにあって、
しかも無料でアクセスできる。

今後は、教師側は、教科への専門知識に加え(もしかしてそれ以上に)
どんな教材を使えばいいか、いつ、どんな風に学習を進めていけばいいか?
ということをアドバイスする、コーチング的な要素も必要になるのでは・・

自分に一番合う方法を引き出してくれたり、
タイムマネジメントをしたり、
短期・長期目標を一緒に立ててくれる。

そんな人がそばにいたら心強いですね!

いつも話を聴いてくれて、
自分の想いを引き出してくれる人!

それがさらに深くなると、人生設計まで、
アドバイザーがいたらいいなーと。

本当はもう1人の自分が引き出してくれるようになればいいけど!

最近、相談をうけるのが、

・何がしたいかはよくわからないけど、好きなことをしたい!
・転職したい
・海外に住んでみたいという思いがずっとあった
・人生が折り返し地点になって
現在していることが、本当にしかったことではないときづいた・・など

皆、自分の力が発揮出来る所を探しているし、
存在価値を感じたいし、
自分に嘘はつきたくない。
このまま死ぬのはちょっと・・

こんな話をきくと、やはり私に足りないと思うのが、
聞く力、本当の自分を引き出すための、質の良い質問

結論は私、よき質問者になりたいな〜!!!

そして、レポート1-3これらは全て英語でやれば、
かなりのスピーキングアクティビティーになります。

早速明日からのレッスンに使ってみよっと。

3/24日のスピーキングレッスンでもやりますので、
体験したい方はぜひお越し下さいね!


■3月24日(土)12:50-14:20とにかく話そう!90分間英語漬け! 詳細はコチラ
■3月12日(月)家庭ですぐにできる手当勉強会
子どもが怪我をしたとき、病気で病院に行こうかと迷う時、知っていたらそれだけで変わります。ぜひ一度お越しになりませんか?詳細はコチラ
■2月24日(土)15:00-16:00英語の絵本を読んでみよう詳細はコチラ
■2/25日 フレーズ集出版記念イベント 14:00- 詳細はコチラ
■夜の部2/25日 フレーズ集出版記念イベント 17:00-詳細はコチラ

教えてママのメールマガジン

メールマガジンにご登録で、子育て中のママにぴったりの1日5分「おうち英語」の始め方&ママトコ英語フレーズ集PDFをプレゼント!

【JALTレポート2】 米軍基地内の小学校の先生たち&心理テスト

<ポイント 5  色々な人と知り合える>
ポスターセッションでは色々な人たちが立って
無料の珈琲やお菓子を食べながら団欒していたので、

佐世保米軍基地内の小学校の先生たち(アメリカ人の先生)と知り合いました。

生徒は皆ネイティブ。
・日本と最大の教育の違いは何だと思いますか?
→creativity 創造性。

・なぜそう思う?
→日本は先生からの指示が多い。

・例えばあなたのレッスンではどんなことで創造性を育てているのですか?
→例えば掛け算の勉強を今しているのだけど、三桁の数字×一桁の数字。
問題自体を子ども達に作らせたりしてるわね。

→(別の先生)私は最新のテクノロジーを教えている。
彼らが大きくなる頃には今の私たちの仕事とは大きく異なっている。
だからAIができないこと、つまり
彼女達の創造性が豊かであることが、彼らが生き残る道なの。
小学3年生だけど、自分たちのHPを作成したり、パワーポイントを作って
自分たちの研究を発表してもらったわ。
オンラインでアップしてあり、誰でもアクセスできるわよ。

(見たのは体の筋肉を解説してあるページ。三年生が作ったとは思えない完成度・・)

<ポイント6 生徒主体のレッスン>
次に受けたのは「心理テストでお勉強」
北海道の大学からイギリス人の先生によりレクチャー。
生徒たちは見たところ、9割は日本人じゃなさそう。

簡単な心理テストですが、質問が理解できないと答えられない。
専門用語は必要ないですが、日常会話は理解する必要があります。
だからリスニングを鍛えたりするにはいい教材。

心理テスト1
4匹の動物を引き連れてサバンナにいます。
(牛、馬、ライオン、サル)です。
テントに一泊するたびに動物を1匹置いていきます。
どの動物を順番に置いていったか書いてみましょう。

ここでポイントなのは、書いたら隣の人と自分の答えを見せ合うこと。
そしてこの心理テストが本当に当たっているかと自分に照らし合わせて議論する。
(スピーキング力をつける)

1人ボランティアを募って聞く。I need a volunteer!
と言ったらすぐに生徒の1人が手を挙げて、
自分の答えを言って、それを分析した意見を言った。

やはり再確認したのは、生徒側が自分の意見を言う事に慣れているということ。

生徒役には現役の大学生と、
先生達も生徒役だからもちろんずっと慣れているのだけど、
日本人は誰も手を挙げなかった。

そういう私も発言しなかったのだから、なんともこの受け身体質は
自ら克服しようという、確固たる想いがないと自然にできるものではないらしい。
特に、発言する人たちが周りにいればいるほど、彼らに任せてしまう!!
誰も私が意見を持っていることを知っている訳でもないし、
特に待ってくれる訳でもないし。

カナダ留学していたときは、講義中に必ず一度は質問するようにしていた
手汗をかいて、やっとの思いで手を挙げて質問するのだけど、

声が小さいし、英語がめちゃくちゃなのか、
必ず聞き返されて、今度は教室内の全員が振返って私を見る。

脇汗全開

もう一度質問して、

伝わったか分からないけど、先生も2度は聞けないとたぶん気を遣ってくれて
ひとまず答える。
でも答えはもう聞こえないよね、ドキドキしすぎて。
そんなこと思い出した。

 

長くなったので次に続く・・・長いな・・


■2月17日(土)12:50-14:20とにかく話そう!90分間英語漬け! 詳細はコチラ
■2月19日(月)家庭ですぐにできる手当勉強会
子どもが怪我をしたとき、病気で病院に行こうかと迷う時、知っていたらそれだけで変わります。ぜひ一度お越しになりませんか?詳細はコチラ
■2月24日(土)15:00-16:00英語の絵本を読んでみよう詳細はコチラ
■2/25日 フレーズ集出版記念イベント 14:00- 詳細はコチラ
■夜の部2/25日 フレーズ集出版記念イベント 17:00-詳細はコチラ

教えてママのメールマガジン

メールマガジンにご登録で、子育て中のママにぴったりの1日5分「おうち英語」の始め方&ママトコ英語フレーズ集PDFをプレゼント!

【JALTレポート1】JALTとは何か?こんな場所があったなんて!誰でも参加できますよ!

JALT(全国語学教育学会)とは語学教育におけるア イデアや経験、指導方法などの最新情報を交換することを目的としたNPO法人。

詳しくはコチラ

つまり、語学教育における様々な分野を 現場の先生達が
自分たちの教授法を発表し、よりよい教育を探る場所。 

何も知らずに、Tomei 先生が、JALTに来たらいいよ。
と言ったので、言われるがままに行ったら驚き!
そう、こんな場所を探していたの〜〜!!
前からあるみたい、なぜ知らなかったの!?
学ぶ事があまりに多かったので、忘れないうちにみなさんと共有します。

会場は崇城大学大学。初めて行きましたが、本当にお城があるんですね・・驚きました。
キャンパス内に車が停めれてとても便利でした。
どこもかしこも工事中でしたが、それが終われば美しいキャンパスなのだと思います。

会場についたら2Fが受付。

<ポイント1 オールイングリッシュ>
受付からオールイングリッシュ。
カナダ時代の大学生活を思い出しました。

<ポイント2 名札のデポジット制>
私はJALTメンバーでないので、1500円の支払いをして
100円の前金を払って名札を受け取り、首から下げます。
帰りに返せば100円戻ってきますが、ネパールに寄付金にしてもいいですと最後の
レクチャーで言っていたので、100円はもらわずに帰った

<ポイント3 選べる講義>
45分間隔で、9時から18時まで様々な講義があります。
同時に4つくらいの講義が開催されているので、聞きたいのが同時開催だと残念。
でも物理的に自分の選んだ講義の会場に行って話を聴けるのが楽しい。

<ポイント4  ポスターセッション>

ポスターを一部屋にいくつか掲示してあって、興味のあるポスターを読んで、
発表者に直接質問したりできる。
ここでは私が選んだのは以下の発表。
「英語を話す為の動機づけとスピーキング力を上げる方法について」
彼女の発表は 
「会話のきっかけsmall talk」について。

彼女の切り口は相手を褒める事。
・外見でほめる、
・所有物でほめる、
・成長過程をほめる
など。

他にも
・天気
・出身地
・どれくらい日本にいるか、など。
アメリカでは列になったりグループになったら話しかけるのが普通。
だから、日本人も気負わず話しかけて欲しい!と彼女から。

気さくな感じの方だったので、他にも個人的な質問しました。
・JALTって何!?どこからきたの?(千葉県から)
・旅費はどうしたの?(彼女の大学が出した)
・仕事は何?(大学の講師)
・どうやって申し込んだの?(インターネットで誰でも申し込めるよ。)
・何の為に?(同じ分野の人と知り合いたいし、キャリアにもなるから)

<ポイント 5  色々な人と知り合える>
佐世保米軍基地内の小学校の先生たち(アメリカ人の先生)と知り合いました。
生徒は皆ネイティブ。
・日本と最大の教育の違いは何だと思いますか?

長くなったので次に続く・・・


■2月25日(日)14:00-15:00 ママトコHappy英会話刊行記念会 詳細はコチラ

教えてママのメールマガジン

メールマガジンにご登録で、子育て中のママにぴったりの1日5分「おうち英語」の始め方&ママトコ英語フレーズ集PDFをプレゼント!

スピーキングイベントレポート

昨日はスピーキングでした〜
写真は相変わらず撮りそこねました。

なんと、FBを見て来られたという方も飛び入りで来られて、
初めて参加の方も数名いらっしゃいました。
 
ゲストは熊大からじゅいちろう先生と、
大阪からも1名加わって下さり、何とも幸せで温かい会となりました。
私は勝手に興奮していました!
(さて、なんで興奮していたのでしょうか?聞きたい人は個人的にどうぞ)
 
最後にゲストのお二人にスピーキング力を上げるための秘訣をお聞きしました。
・英語がしゃべれなくても、しゃべれると信じてとにかくしゃべってみること
・英語のニュースやドラマやテレビをみること
・興味のあるTEDを選び、最初は日本語字幕、次に英語字幕、そして次に字幕無しでみる
など、同じ教材を何度もみること
・話す為には読む事も必要
などなどとても興味深いアドバイスをいただきました!!
 
 
来月は2/17日、3月は24日を予定しております。ぜひお越し下さい^^
来週はミャンマー人の学生さんもゲストにお迎えする予定です。
彼女の母国語は英語でないのに、どうやって英語を身につけたのでしょう。
その秘訣とは・・・

教えてママのメールマガジン

メールマガジンにご登録で、子育て中のママにぴったりの1日5分「おうち英語」の始め方&ママトコ英語フレーズ集PDFをプレゼント!

山あり谷あり自主出版〜「ママとコHappy英会話」がもうすぐ出来上がる!?

本を出すにあたって、色々なことを知りました。

何でもすぐに忘れてしまいますから、ここに書いておこうとおもいます。
たくさんの方の手がかかっている本ですから、
みなさまへの感謝を忘れない為にも。

①本のタイトル
このタイトルを決めると言う事に、
「私がこの本を通して何を伝えたいのか!?」
ということが凝縮されていたのです。
これを気付かせて下さった方々に感謝。
投票も行いました。ご協力本当にありがとうございました。


これに決定!

②目次
行き当たりばったりの性格で、書いた目次ですが、統一させるのが難しい!

③ページを決めること
何ページの本にするのか、前書きとあとがきは何ページ使うのか?
空白のページができたらどうするのか?
私の場合は、コラムを入れたりして空白ページをなくしました。
空白でもページ数にはいるので、コストがかかっているのだって!

④内容を決めること
ゼロから1にするのがどんなときでも一番時間がかかる。
でもそんな大変だという思いはあんまりなかった、
今までレッスンで使っていた言葉から、更に
私が使いたい、使って欲しいという言葉を選ぶ。
みんなが使いたいという言葉を選ぶ。
ボノボンというマスコットが出てくれたのは本当に幸運でした。
ボノボンが「髪の毛むすんでー」「これたべたくなーい」と言っているだけで笑えます。
私とこの本を一緒にやってくれる方々がいてくれたことが、一番の幸運でした。

④日本語・英語の校正
特に日本語の校正。
なんて日本語って複雑。
イタダキマス は 「頂きます」「戴きます」「いただきます」と三種類あるし。
「置き換える」 「言い換える」「とする」など同じような言い回しがたくさん。
どれにしてもいいけど統一する必要が有る。

もう、そんなのいっぱい!!
たぶん、一番最初から1ページを30回は書き直した。
これからプロの校正が3回も入って、
さらに、最後は
「音読」
で読み合せをするっていうのだから、本ってどんだけ〜〜!!

⑤掲載する絵本の著作権をとること
ちょっと紹介するだけなのに!?
と思うけど著作権はとる必要があるんですね。
洋書の絵本のHPに入って、それから著作権取得のページに入って、
必要項目を埋めて、お願いのメールを出す。
このときばかりは、英語ができてよかったと思った。
問合せのメールが来て、それに掲載する趣旨を伝えて
無事に取得。

 

⑥コードの取得
本を出版するにあたり、日本図書コード管理センターというのがあります。
ここで、コードを取らないといけないんですね。
ISBNコードとJANコード。
これには出版名、住所、電話番号が必要です。
2、3万かかります。
「教えてママ出版」という名前にしました。
10冊まで出版出来るそうですので、本を出版されたい方、
コードよかったら使って下さい。

⑦電話番号を取得する
管理センターに私のケイタイを伝えようとしたら、
「これ本になって流通するんですよ、個人の電話番号大丈夫ですか?」
えええ〜そうなの?急に怖くなってきた どうしよう、と思ったら、
「今はインターネットで電話番号とれますから、調べてみて下さい」とのこと。
ネットで調べたら10分で取得出来ました!しかも無料。

⑧バーコードがない。というハプニング
JANコードはツタヤさんではいらないとのこと。
取らなかったのはいいけど、
バーコードはJANコードがないと取れないとのこと。
ただ、バーコードがなくてもISBN番号さえあれば、流通させてくれる本屋さんもあります。
長崎書店さんもJANコードなしで大丈夫との事。
今回はとらずにいくことに決定。

⑨音声をとること
英語はとっても素敵なSarahが担当してくれました。
彼女も4ヶ月の赤ちゃんを連れて。
「言葉だけでその空気を伝える事」
これって難しい!
でもサラは本当に我が子に伝えるように吹き込んでくれた。

思った以上に作成費がかさばり、
まさか、プロを雇う事が出来ずに、日本語は私が吹き込むという無茶ぶり・・

標準語のイントネーションではなすこと、
結構標準語だと思っていたけど、そうでなかったんですね。
これに毎回つっこみをいれてくれる
音声録音・編集のナカンダカリさんがプロだーと思いました。

10 その他
表紙のデザイン、内容のデザイン、色々大変だったと思います。
中にでてくるボノボンは本当にかわいい。
癒される〜

みんなのみんなの手が、たっくさん入った ママとコHappy英会話!
でも本がそろそろできあがるのが、
なんだかちょっぴり、さみしいのです。

教えてママのメールマガジン

メールマガジンにご登録で、子育て中のママにぴったりの1日5分「おうち英語」の始め方&ママトコ英語フレーズ集PDFをプレゼント!

【レポート】フィンランド報告会

フィンランドの報告会を開催しました。
約20名の方にお越し頂き、大盛況となりました。

高坂翔輔さん主宰・かもめ大学 フィンランド・スタディツアーに参加し、
フィンランドの教育やくらしについて学んできました。


もう、行く前から報告会があるから!と思って、はりきって
独占インタビューのように、会う人会う人と色々お話させていただきました。

毎瞬毎瞬が感動で、この感動を忘れたくなくって、
夜寝る前にメモをしたりしていたんだけど、
フィンランド後半にさしかかり、明日の朝でいいや、とあまりメモも取らなくなってしまいました。

フィンランドのライト、日本の蛍光灯みたいに、明るくなくて、
なんだかいつも暖色の光で、何でも打ち明けたくなるような光に、身も心もリラックス。

日照時間が正味3時間くらいの毎日で、1時前には夕陽がみえるから、3時には真っ暗。
夜が長くって。すっかり休暇をいただいた気持ちです。

(フィンランドの朝 9時くらい)

日本に帰ってみると学んだ事がとても多くて、
これをどうやって伝えるんだ〜と1週間考えて、
なのに、仕事モードにあんまり入らないまま、
いつものように前日にまとめるはめになる・・・。

とてもラッキーなことに、私たちが、このツアーの半分を費やした、
「フィンランド人が教えるほんとうのシンプル」という本について
熊本入りしていた高さん(高坂翔輔さん・ツアー主宰者)
が読書会を主催して下さったことで、
私の旅が見事完結して本当に救われました。
しかも、ファシリテートまで伝授下さる、本当に感謝感激。

この旅で私が学んだこと、はっきり分かりました。

それはこの本の著者であるモニカと過ごした三日間に凝縮されていました。
この本を帰国してからまた読み直すと、
最初に読んだときのキーワードをフィンランドでたくさん実践していたことに気付きました。

報告会では、
フィンランドの歴史、教育、英語、くらし、そして後半は、
この本を読んで、こころに残った「12の言葉」をみなさんとシェアしました。
参加者同士で色々な意見交換を持つ時間をとることができたので
議論がヒートアップして、初めて会った方も多かったと思いますが、
みなさん、すっかり打ち解けた様子。

まさに、この旅は、自分自身の生活や、人生を見直す旅となったのですが、
これをみなさんと共有出来て本当に感激です。

私はなぜ、急遽フィンランドに旅に出たのでしょうか。
そして、今回みなさんは、なぜ、フィンランドの話を聞く事になったのでしょうか。

フィンランドのコーヒーと紅茶とお菓子を食べながら、
気がつくと、2時半・・4時間半もたっぷりみなさんと至福の時間を過ごしました。
みなさま、本当にありがとうございました^^
モニカの本はこちら!ぜひ読んでみて下さい↓

モニカの最初の本はこちら!この本もすてき。モニカの3冊目の本は女性について。
来年の2月に発売だそうです!

 

旅行中は、時差ぼけで朝4時くらいに目を覚ましては、
女同士のおしゃべりにふけったのもとても貴重な時間。
今回の旅のコーディネートの戸沼如恵(とぬま・ゆきえ)さんは
今年フィンランド3回目!という超ベテラン。
話の内容が深くて、1つ聞いたら10くらい色々なストーリーが聞ける。
特にゆきえさんらが書かれた北欧のデザインについての本には
単なるマリメッコや、イッタラ、アラビアが「かわいいから」ではなくて、
それぞれのデザイナーが持つ哲学を垣間みる事が出来る。
この本を著者の1人であるゆきえさんから直接解説を聞いた上での本物のデザイナーに会ったり
作品を見る旅は、なんとも贅沢であった。

本の購入はこちらからできます
https://ws.formzu.net/fgen/S70182288/
※送料がかかるので、購入希望の人はまとめて私が買う事も出来ます、
今回注文いただいた分は既に購入済みです。

 

報告会は次回は12月26日火曜日15時から開催します。
場所はCOMMUNE6です。
フィンランドのクリスマスのお菓子も作りますよ〜☆

教えてママのメールマガジン

メールマガジンにご登録で、子育て中のママにぴったりの1日5分「おうち英語」の始め方&ママトコ英語フレーズ集PDFをプレゼント!